2017. 05. 09  
2月14日
上板橋、パン工房ぽけっとのミニパンシリーズです。
ミニパンというとちょっと乾いた駄菓子のような味を想像しますが、これは普通のパンと同じです。
量り売りで1グラム2円、これで440円はちょっと割高感がありますが、いろいろ食べられて楽しめます。
TK どこにあるんですか?
KI 上板橋北側を出てSB通りに出た辺りにあるようですよ。
TK さすが、よくご存じで(^-^)。
KI いえ、ネットで探しただけです。
TK すばやい!
G イトーヨーカドーの左側の道を行くとSB通りに突き当たるので、そこを左折するとすぐ左側です。
TK あっ、わかりました、郵便局の前ですね。
ミニパン_convert

3月3日
受験の神様、梅の天満宮「湯島天神」をお参りしました。
お馴染みの白梅は時期を過ぎましたが、しだれ梅がちょうど見ごろになっていました。
境内では猿回し、穏やかな動きなのに実に鮮やかなボケっぷりで観客を笑わせていました。
湯島の梅_convert

猿まわし_convert

3月8日
西武池袋線、江古田駅にほど近いマンションの玄関脇に小さなSLが置かれています。はじめは、ここの主の趣味でブリキ板か何かで作ったものだろうと思っていたのですが、最近小さな説明板が貼られていることに気がつきました。
読んでみたらブリキ板なんてとんでもない、なにやら立派ないわくがあることを知りました。
でも、なんでここにあるのだろう。
江古田SLヨコ_convert
江古田SLマエ_convert
江古田SL説明_convert

3月16日
4/30の演奏会のお知らせを頂きましたが、カレンダーに予定を記入し難いので困ります。23日にも予定がありゴチャゴチャなってしまいます。
ところがヤクルトのカレンダーは全段を少し狭くして均等割りになっているのでそういうことがありません。
あまりそういう文句は聞かないので、気にするのは私だけかも!
IMG20170316_0002(1)convert.jpg
IMG20170316_0003(1)convert.jpg
2016. 06. 27  
4月4日
歌仲間の歓送会ということで、まずまずの花曇りの中、九段へお花見に行ってきました。
早めのスタートだったので大混雑に巻き込まれることもなく、総勢16名、きれいな北の丸公園の散策とおいしいランチを堪能しました。

DSC02177+(1)_convert_20160623224715.jpg

DSC02164+(1)_convert_20160627222739.jpgDSC02188+(2)_convert_20160627223024.jpg

DSC02189+(1)_convert_20160627215704.jpgDSC02197+(1)_convert_20160627220354.jpg
TK 少し寒かったようですが、皆さん楽しそうで良かったですね🎵
何もなければ参加したかったな✨
 わりとゆったりした散策でしたが、北の丸公園を出てきたときには、交通規制がかかるほどごった返していましたよ。ランチのお店も貸切で、こちらもゆっくり楽しむことができました。

4月9日
豊島区立目白の森、豊島区には児童遊園ではない、こういった大人が楽しめるミニ公園が点在しています。植物が多く、季節ごとに雰囲気が変わり、結構な癒しの空間になっています。
DSC02216+(1)_convert_20160622203644.jpg

DSC02209+(1)_convert_20160622204446.jpgDSC02211+(1)_convert_20160622204858.jpg

DSC02213+(1)_convert_20160622205123.jpg

4月16日
運転免許更新ための高齢者講習を受けてきました。
早いもので、後期高齢者になって3度目になります。今回は9人のグループでしたが、女性が5人でした。
やはり平均寿命と関係がありそうです!
それにしても、ホントに免許もってんのかい、と言いたくなるような人もいて、こわくなりました。
高齢者成績_convert
KI Ganmoさんはしっかりされているので、まだまだいけますね。(^_−)−☆
 でも、90点というのが気にいりませんね、いよいよ今度で卒業かな(^O^)。この教習所で過去一人、百点とった女性がいたとか。
KH Gさん、3回目なのですね。凄いです。
私は、横断歩道で全く右側見てなかったというおばさんドライバーに足をひかれて、今も不自由中です。。(>_<)
 わーっ、こわいですねぇ! 注意散漫とか思い込みとか、年齢とともに重症化してくるようですね。 そうならないように気をつけます(^O^)。

4月18日
お洒落な音楽を聴きながらのんびりとした横浜港クルージングを楽しんできました。

DSC02249+(1)_convert_20160703200118.jpg

DSC02255+(1)_convert_20160703200334.jpg

DSC_0157+(1)_convert_20160703201002.jpgDSC02246+(1)_convert_20160703201129.jpg



















2016. 06. 16  
今回の散策ルポは、多摩川台公園から等々力渓谷まで。
6月の雨上がりとあって、絶好のあじさい日和だった。
東急線多摩川駅を降りると多摩川台公園は目の前だ。小高い丘になっていて、色とりどりのあじさいが迎えてくれる。絵画サークルと思しき十数人の人たちが、あちこちで絵筆をとっていて、お互いに褒め合っている姿が微笑ましかった。
DSC02411+(1)_convert_20160616225733.jpg

DSC02435_convert_20160616230247.jpgDSC02441_convert_20160616230509.jpg

DSC02438+(1)_convert_20160616235454.jpgDSC02448+(1)_convert_20160616235737.jpg

更に進むと洒落た西洋庭園のような小さな水生植物園があるが、見ごろはこれからのようで、この時期あまり花は咲いていなかった。
DSC02446_convert_20160617175249.jpgDSC02444+(1)_convert_20160617175806.jpg

この公園の丘一帯は、多摩川台古墳群とも呼ばれ、大きな亀甲山古墳をはじめ十基の古墳が連なっている。昨秋訪れた行田市のように、周辺から頂上まできれいに整備されていて、その姿形がよく分かるというものではなく、ほぼ自然のままに樹木が生い茂っているので、起伏は分かるが、前方後円墳の形はよくわからない。
管理事務所には、古墳の展示資料室があり、小規模ながら出土品や歴史について分かり易く解説されている。
DSC02368+(1)_convert_20160618081457.jpg
亀甲山古墳から多摩川を俯瞰
DSC02365+(1)_convert_20160618082656.jpg

DSC02450+(1)_convert_20160618161941.jpgDSC02452+(1)_convert_20160618162537.jpg

DSC02371+(1)_convert_20160618162813.jpg


ここから等々力渓谷までは、丸子川沿いをひたすら歩く。特に何かがあるという道ではないが、対岸の瀟洒な住宅群を眺めながら歩くのも悪くない。
丸子川は、一時期どぶ川と化していたが、かなり改善されて、今は水草も生え、大きな鯉が泳ぐ姿も見られる。カモが浮かんでいたりもするが、田園調布を流れる小川としては、もう一歩、という感じだ。

DSC02414_convert_20160618105813.jpg

DSC02415+(1)_convert_20160618110312.jpgDSC02409+(1)_convert_20160618111027.jpg

キョロキョロ、のんびり歩いて1時間ほど、等々力渓谷の下流側の入口に到着する。
ここには関東三十六不動霊場のひとつ、等々力不動尊がある。
いまは鬱蒼とした緑に囲まれているが、桜の季節は素晴らしい景色が楽しめそうだ。
DSC02459+(1)_convert_20160618151812.jpgDSC02457+(1)_convert_20160618152213.jpg

DSC02421+(1)_convert_20160618152707.jpg
何だか薄暗くて怖いが、ご利益がありそうな弁天堂。パワースポットとして評判だとか。

等々力渓谷はごく小規模ながら23区内とは思えない深山幽谷感がある。
遊歩道が整備され過ぎている気もするが、渓谷らしくあちこちに湧き水が染み出している。
上流側の出口の階段を上がると、そこは喧噪とした街の中、我に返る感じだ。
DSC02419+(1)_convert_20160618154547.jpg

DSC02431+(1)_convert_20160618154758.jpgDSC02433+(1)_convert_20160618155412.jpg

DSC02426_convert_20160618155625.jpg

今回はここをゴールとしたが、さらに九品仏から自由が丘まで足を延ばすのもいい。

2016. 06. 09  
9日
昨日までの暖かさに比べてきょうはドンとさがっちゃいましたね。
いささか落差が激しすぎますが、この上下に春を感じます(^o^)。
きのう、板橋区と練馬区の区境を散策していて目についた白もくれんの大木と早咲きの桜です。

DSC01923+(1)_convert_20160609225350.jpg

DSC01917+(1)_convert_20160610182915.jpg

14日
昨日は我が家の金婚式、と言っても盛大にパーティーを、なんていうことはなく、家族で近所の和食やさんでランチでした。

110+(1)_convert_20160610183210.jpg

TK おめでとうございます🎵(^-^)/
 ありがとうございます♪)^o^(♪。
YM おめでとうございます。
 ありがとうございます、早いもんですね(◎_◎)。
KF おめでとうございます♪
 ありがとうございます。結婚記念日なんて数年前まで全然忘れていたんですけどね。気が付いたら50年でしたw。
KS おめでとうございます🎉お孫さんの素敵な笑顔も中澤さんが歴史を紡いでこられたからこそですね
 ありがとうございます(^o^)歴史なんてとんでもない!知的成長も精神的な成長も、世間様よりかなり遅れている感じがしますよ(・・;)。
KS 遅れているのではなく、今も若々しいということです
 オーッ!そういう考えもありかな、なんて(笑)。
KH おめでとうございます(^^).和みます💕
 ありがとうございます(--)。残り少ない人生なので、とにかく楽しくいきたいと思います。
KH 残りはたっぷりまだまだ!また一緒に楽しい時間を♪
KY おめでとうございます!(鹿児島から)(笑✨🎵😊💐
 ありがとうございます。 鹿児島!!成果報告、期待していますね(^^)。





2016. 05. 23  
名演出家と呼ばれた蜷川幸雄さんが亡くなった。
私と同じ昭和10年生まれの亥年、80歳だった。
灰皿が飛んでくるとかいう話が一人歩きして、コワい演出家のイメージが強いが、テレビのドキュメンタリー番組等をみると、スタッフへの気遣いや、素人を教えるときの優しさが、コワさの裏側に隠されているのがよく分かる。
この人のお芝居に出たいという役者が多いというのも有名な話だ。
同年輩として、もう少し働いてほしかったと思う一人だ。

もう一人、昭和10年生まれの天才的芸術家といえば、小澤征爾さんだ。
一時、身体をこわされてちょっと危ぶまれたが、今や年齢相応以上に回復され、あの渾身の指揮ぶりが帰ってきたのは喜ばしい。

スポーツの世界では、名捕手、強打者、名監督の野村克也さんが昭和10年生まれだ。
王、長嶋の陰に隠れてあまり華々しい話題にあがらなかった気がするが、天才的な底ジカラは負けていなかったと思う。
もう一人、故人だが、野球界には立教から南海に入った杉浦忠という投手がいる。一シーズン38勝4敗という驚異的な勝率は忘れがたい記録だ。
立教大学では、長嶋、本屋敷と共に同期の三羽烏として活躍し、立教の黄金時代を築いていた。
因みにその長嶋さんは同期ではあるが、昭和11年の早生まれだ。

という訳で、結構天才肌の多い昭和10年生まれだが、一方で大久保 清 という、稀代の助べえ悪党がいる。
画家の風体でスポーツカーに乗り、若い女性をたぶらかし、乱暴しては殺してしまうという、なんとも許しがたい助べえだ。
また、大学助教授で妻子持ちでありながら、弟子の女子学生に手をつけ、これまた殺してしまい、挙句の果てに家族心中という、大場啓仁という人物がいる。
これまた許しがたい昭和10年生まれだ。

一年先輩の芸能人が集まって「昭和9年会」なるものができているが、かなり真面目でまろやかだ、ややハチャメチャな感じがするのは故人の石原裕次郎ぐらいか。

どうも昭和10年生まれはそれに比べると、よきにつけ悪しきにつけ極端な気がする。

おまえはどっちだと、いわれれば、天才寄りな訳はないので、助べえ寄りということになるが、間違っても若い女性を殺めることは金輪際あり得ない。

DSC02352(1)蜷川_convert


プロフィール

がんも

Author:がんも
ヨハン・シュトラウスと女の子が大好きな老人です。
歌うことが大好きです。イタリア民謡とかトスティとか。
小旅行も大好きです。新緑や残雪の山並みを見るとドキドキします。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR