2011. 08. 31  
サントリーホールで行われたチャリティーコンサートに行ってきた。
チャリティーは、いろいろな規模や形態で、いろいろな場所で開かれているが、今回は二期会の錚々たるメンバーを中心とした、かなり大掛かりなもの。栗林義信、松本美和子といった大御所から、いま真っ盛りの福井敬、幸田浩子等に加え、ミュージカルからポップスまで、ヴァラエティー豊かな顔ぶれで、まことに楽しめるものであった。

これで4千円はどう考えても安過ぎだ。

このコンサートを知らせてくれたのは、今回、ロッシーニのアリアを歌った「のへさん」こと三戸大久君である。
彼は数年前まで、我々の素人オペラやコーラスグループで、一緒に歌ってくれていた歌仲間だが、新国立劇場の合唱団のあと、二期会に入り、新人からいまや中堅のバス歌手として活躍されている。

因に我々のオペラでは「ドンジョバンニ」公演の際、騎士長役を歌ってくれたが、推定185センチ130キロの巨躯は実に見事なはまり役だった。

こわそうな風貌に似合わず、やさしく義理堅い好青年で、なにより素晴らしい声の持ち主、今後おおいに活躍してもらいたい逸材である。

   
   プログラム
 
   のへさん
   DSC01302.jpg
プロフィール

がんも

Author:がんも
ヨハン・シュトラウスと女の子が大好きな老人です。
歌うことが大好きです。イタリア民謡とかトスティとか。
小旅行も大好きです。新緑や残雪の山並みを見るとドキドキします。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR