2013. 08. 18  
NHKのTV番組で、茨城県の龍ヶ崎市の表記が間違っていた、と訂正しお詫びするという場面があった。
龍ケ崎が正しいのだそうだ。一見どこが違うのか判り難いが、ケの大きさがちがうのだ。
なるほど、市のホームページを見ると大きなケの字が使われている。

地名に多いこの「が」と読ませるケという字は、小さく書くものだと思っていたが、必ずしもそうではないことを知った。

それにしてもこのケという字は、仮名のくせにいくつも読み方があるようだ。
一ヶ月では「か」と読み、個数を表すときに一ケ、二ケと書くことがあるが、これを「いっけ、にけ」と読む人はいないと思うので「こ」とも読まれる。

他にも、“へ”を「え」と読んだり、“ほ”を「お」と読む例があるが、使い方はごく限られている。
このケの字、学校では、どう習ったのか忘れたが、教えるのがむずかしそうだ。

最近、ケのつく地名を書くことがあると、大きい方か小さい方か、いささか気になるのである。

     龍ケ崎市役所のホームページより
     竜ヶ崎_convert

プロフィール

がんも

Author:がんも
ヨハン・シュトラウスと女の子が大好きな老人です。
歌うことが大好きです。イタリア民謡とかトスティとか。
小旅行も大好きです。新緑や残雪の山並みを見るとドキドキします。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR