2016. 08. 19  
女声合唱コンサートTrois Beaux Bouquets
29日(金)第一生命ホール

フランス語は辞書の引き方もよくわからないが、「三つの美しい花束」と解釈しておく。
その解釈にたがわず、女声合唱3団体による、きわめて上質な美しいコンサートだった。
赤坂有紀指揮;翠声会Ⅱ組(埼玉県志木市)、横山琢哉指揮;木声会(仙台市)という栗山文昭氏所縁の2団体と、東京の「彩」(栗山文昭指揮)のジョイントコンサートで、透明でノイズ感のない響きと、揺れの少ない安定感は共通している。
これは、よく行われる機械的な発声練習からは得られないもので、何か音楽的な心が培われる訓練がなされているのではないかと思われる。
それぞれにご贔屓の作曲家がいて、委嘱作品が多いことからも、演奏技術の高さがうかがえるが、今回は信長貴富、吉川和夫、池辺晋一朗が選ばれていて、似たもの合唱団とはいえ曲想の違いを見事に描きだしていたので、文句なしに楽しめた。
締めは三者合同演奏、栗山氏の指揮で超人気曲の「水のいのち」、女声合唱で聴くのは初めてだった。なんと清涼な流れなのだろう、まろやかな起伏を伴って柔らかに、下流に行くほど綺麗になってしまう、芥なんか微塵もない水のいのちだ。
合同での練習はほとんどできなかったと思うが、全く違和感がなかったのはさすがだった。
この曲に関しては、男声の、壮大で起伏の大きな演奏に魅力を感じていたが、これだけ美しいと女声も悪くない、と思わされた演奏だった。

三団体コンconvert


プロフィール

がんも

Author:がんも
ヨハン・シュトラウスと女の子が大好きな老人です。
歌うことが大好きです。イタリア民謡とかトスティとか。
小旅行も大好きです。新緑や残雪の山並みを見るとドキドキします。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR