2013. 11. 04  
横浜の原鉄道模型博物館へ行ってみました。
私も子供のころ、鉄道模型が好きで、家中レールを敷き回して遊んでいましたが、原信太郎という人の存在を知ったのはごく最近のことでした。
それもそのはず、これは全く別の世界のものでした。

1番ゲージ(軌道幅45ミリ)によるジオラマは、目測で長さ35メートル、幅が7メートルはあろうかと思われるもので、まさに圧巻です。
しかも、レールや車輪が鉄製のため、光の反射や走行音がすごくリアルなのも特徴です。

埼玉の鉃道博物館のジオラマも中々立派なものですが、16番ゲージという軌道幅16ミリの車両なので、重量感が全く異なります。

残念なのは、愛すべき国内の車両が少ないことで、この日も、実物を見たことがないものばかりが走っていました。
因に私は、EF56、EF57、それとEF58(初期のタイプ)という国産のデッキ付き電気機関車が大好きなのです。

列車の走行スピードはそれほど早くありませんが、フラッシュ撮影禁止なので、レンズが明るいカメラの方が良さそうです。

展示されている模型は、氏が保有しているものの三分の一程度、とのことなので、まだ変わった車両が出てくるかもしれません。

DSC00275_convert.jpg

原 夜景conv

原 人あり

原 貨物




NEXT Entry
肺炎
NEW Topics
2月~3月のFBネタ
2月のコンサートから
祐天寺から西郷山公園へ
9月-10月のコンサートから
7月のコンサート
4月のFBネタ
多摩川台公園から等々力渓谷へ
3月のFBネタ
昭和10年生まれ
DVD付きCD
2月のFBネタ
浜離宮庭園散策
1月のFBネタ
使えない腕時計
1月のコンサート
11月のFBネタ
日めくりカレンダー
10月のFBネタ
友人の孫自慢
7-9月のFBネタ
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

がんも

Author:がんも
ヨハン・シュトラウスと女の子が大好きな老人です。
歌うことが大好きです。イタリア民謡とかトスティとか。
小旅行も大好きです。新緑や残雪の山並みを見るとドキドキします。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR