2015. 03. 01  
先日、久しぶりにCDショップを訪れ、陳列棚を物色していたところブラームスのピアノ協奏曲第3番という代物を発見した。
ブラームスの3番と言えば、ヘ長調の交響曲かニ短調のヴァイオリンソナタが頭に浮かぶのが普通だと思うが、ピアノ協奏曲というのは聞いたことがない。
手にしてみたところ、輸入盤のため正確には分からなかったが、ヴァイオリン協奏曲をDejan Lazic というピアニストが編曲し、自演したものであった。
面白そうなので早速購入し、聴いてみた。
初めて聞くピアニストだが、なかなかの力作、快演だ。ただ、ブラームスには2曲の重厚かつ繊細なピアノ協奏曲があり、どうしてもこれ等と比較してしまう。
ヴァイオリンをピアノに置き換えるのは、特性が違いすぎて、違和感を覚えることがある。
ヴァイオリンの美しいカンタービレは、寸詰まり気味になるし、フォルテは騒々しく軽薄になりやすい気がする。
楽譜が出版されるか否かはわからないが、多分取り上げるピアニストはいないのではないか。有名なベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲も彼自身が編曲したといわれるピアノ協奏曲が存在するが、やはり好んで演奏するピアニストはいないようだ。

楽器置き換え協奏曲の中では、モーツァルトのフルート協奏曲をチェロで演奏したものや、ベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲をフルートで演奏したもの等、ほとんど違和感なく楽しめるものが存在する。
ハチャトリアンのヴァイオリン協奏曲などは、フルートのジャン・ピエール・ランパルが編曲し演奏したフルート協奏曲のレコードを先に聴いていたので、フルートがオリジナルだと思っていた。

フルートといえば、協奏曲ではないが、ベートーヴェンのヴァイオリンソナタの編曲版がある。アラン・マリオンが遺した素晴らしい録音があるが、残念ながら、クロイツェルに至る前に没してしまった。
「春」と副題の付いたヘ長調は、ヴァイオリンよりいいかもしれない、と思えるほど心地よい。

ともするとゲテモノになりかねないこれ等の音楽は、編曲演奏によってはなかなか結構なものになるものだ。

    ブラ3ラジック_convert

    ベーフルモツチェロ_convert2

                    ベーフルソナ_convert
NEXT Entry
1~2月のFBネタ
NEW Topics
4~5月のFBネタ
4月のコンサートから
2月~3月のFBネタ
2月のコンサートから
祐天寺から西郷山公園へ
9月-10月のコンサートから
7月のコンサート
4月のFBネタ
多摩川台公園から等々力渓谷へ
3月のFBネタ
昭和10年生まれ
DVD付きCD
2月のFBネタ
浜離宮庭園散策
1月のFBネタ
使えない腕時計
1月のコンサート
11月のFBネタ
日めくりカレンダー
10月のFBネタ
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

がんも

Author:がんも
ヨハン・シュトラウスと女の子が大好きな老人です。
歌うことが大好きです。イタリア民謡とかトスティとか。
小旅行も大好きです。新緑や残雪の山並みを見るとドキドキします。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR