2015. 09. 23  
女声合唱団「彩」第17回演奏会
栗山文昭(指揮) 寺嶋陸也、浅井道子(ピアノ)
9月18日(日)第一生命ホール

1曲目は 信時 潔 作曲「紀の国の歌」、信時没後50年に因んで選曲されたとのこと。
山部赤人、柿本人麿ら、万葉集から紀州を歌った六首を選んで作曲されたもの。どの曲も情景が浮んでくるような美しさで、透明な清涼感を特徴とするこの団に相応しい曲だ。
曲ごとに和声がちがうのか、坦々とした中にも音の厚みに変化があり、加えて寺嶋陸也のピアノが表情豊かに合唱を支えていて、心地良い音楽になっていた。

2曲目は 萩原英彦作曲「光る砂漠」。この合唱団にしては珍しく耳馴染みのある曲だ。
これまた美しい演奏だ。無伴奏で出る冒頭からして鳥肌ものだ。
実は女声で聴いたのは初めてだが、これだけ清々しく聞かされると混声より全然いい。混声では歌ったことがあるのだが、いい曲とは思えなかった気がする(orz)。
ピアノの浅井道子にも驚いた。粒立ちがよくくすみのない音色、流れるような旋律、節度あるダイナミックレンジ、とにかく余計な音が何もしない、素晴らしかったの一言だ。

最後のステージは今回の目玉ともいうべき「コワレタイ2015」。
女たちのシアター・ピース、昭和の少女たち、と添書が付く、加藤 直の詩・台詞に寺嶋陸也が作曲したもの。
2008年に委嘱作品として初演されたものを、今回、創団20周年記念演奏会ということで、組曲形式にリニューアルしたとのこと。
全員が椅子を持って動きまわり、立ったり座ったり忙しい。昭和初期をイメージしたものらしく、木製のかなり重そうなものもあるのだが、軽々と持ち歩いているように見えた。訓練の賜か!
喜怒哀楽の表情も良く、歌は彩らしく申し分のないアンサンブル、しかも、一瞬のトチリも許されない素早いテンポ、さぞや相当な練習量だったと思われるが、練習不足感の全くない、見事な舞台だった。
初演のときの照明は、舞台の動きに合わせて非常に細かく切り替えていたのに感心したものだが、今回はそれほど速く細かく切り替えるという動きはみられなかった。その代わり色調が大変美しく、むしろ癒される感じがしたほどだった。

アンコールはフルートの演奏が付いた「すいっちょ」「おちば」という可愛らしい寺嶋作品、
フルートはメンバーで、わが「ともだち」の小串さん、少々緊張気味に見えたが、歌って動き回ったあとの管楽器、ちょっとタイヘンだったかも!

コワレタイ2015_convert
2008年のちらし
コワレタイ2008_convert
NEXT Entry
7-9月のFBネタ
NEW Topics
2月~3月のFBネタ
2月のコンサートから
祐天寺から西郷山公園へ
9月-10月のコンサートから
7月のコンサート
4月のFBネタ
多摩川台公園から等々力渓谷へ
3月のFBネタ
昭和10年生まれ
DVD付きCD
2月のFBネタ
浜離宮庭園散策
1月のFBネタ
使えない腕時計
1月のコンサート
11月のFBネタ
日めくりカレンダー
10月のFBネタ
友人の孫自慢
7-9月のFBネタ
Comment
素敵なコメントをありがとうございます^ ^
No title
ひろ様
今回は緊張感より爽快感、素晴らしいコンサートでした。
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

がんも

Author:がんも
ヨハン・シュトラウスと女の子が大好きな老人です。
歌うことが大好きです。イタリア民謡とかトスティとか。
小旅行も大好きです。新緑や残雪の山並みを見るとドキドキします。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR