2017. 04. 04  
国技館五千人の第九

2月19日(日)両国国技館
下野竜也指揮新日本フィルハーモニー交響楽団
ソプラノ:半田美和子 アルト:清水華澄
テノール:糸賀修平  バス:福島明也
合唱:国技館すみだ第九を歌う会5000人

国技館入場は初体験だ。
以前、武道館のコンサートでひどい目にあったことがあるので、ちょっと不安だったが、まったく杞憂に過ぎず、むしろ普通のコンサート会場よりもスッキリしていたくらいだ。
今回指定されたボックス席というのが実に楽な椅子席で、喫茶店でくつろぎながら観覧しているような素敵な場所、相撲の足先まで確認するには遠いかもしれないが、音楽鑑賞には文句なし、ゆったりと楽しむことができた。
合唱団が客席の半分以上を陣取っていて、ソプラノとアルトは50メートル位離れているにも関わらず、時差によるモヤつきもなく不思議なほどクリヤに聞こえた。
オケには軽くPAがかかっていたようだが、全く違和感がなく、33回目ということで、音響さんも手馴れているのだろう。
オケ鳴らしの達人、下野竜也の指揮で響きの豊かなたっぷりとした第九が楽しめた。
ソリスト陣は、テノールの糸賀は初めてお耳にかかったが、他は耳馴染みのある人ばかりで文句なし、特にバスの福島は、記録によると第12回からホボ連続出場で、ベテラン過ぎるのではないかと思ったが、この会場の響きは知りつくしているのだろう、歌い出しも堂々としていて気持ち良かった。

変わっていたのは、ソリストの入場だ。
通常、初めからオンステしている場合もあるが、2楽章が終わったところで入ってくることが多い。ところがここでは、3楽章の途中で曲を中断することなく、通路を通って登場したのだ。
控えに入る力士さながらの光景は国技館ならではで、ちょっと愉快だった。

第九演奏の前には通常、前菜のような感じでオーケストラが何か一曲小品を演奏することが多いが、今回は何と合唱の栗友会がア・カペラで登場した。
曲目は1:花(滝廉太郎)2:ことばは魔法(信長貴富)3:MI・YO・TA(武満徹)4:地球へのピクニック(三善晃)。
いずれも比較的小編成で歌われることが多いと思われるが、栗友会は、大編成にも関わらず、しかも、このバカでかい会場にもかかわらず、全く曇りのないクリヤーな演奏を聞かせてくれた。
耳慣れた「花」は初めて聞く編曲だったが、文字通り流れるように美しく、季節柄、場所柄!ということもあり大変心地良かった。
また、小人数で歌ってもモヤモヤしがちな武満も、さわやかとさえ思えるほどすっきりと歌われ、素晴らしかった。
栗友会をご本尊の栗山文昭が指揮した演奏というのは、初めて聞いたような気がするが、メンバーからの信頼がいかに厚いかという、そんなことを見せつけられたような演奏だった。
この4曲のあとにオケが入って、アイーダの凱旋行進曲が歌われたが、第九への橋渡しとして、的確な演出だったと思う。

DSC02785(1)_convert.jpg

DSC02798_convert.jpg
NEXT Entry
2月~3月のFBネタ
NEW Topics
4~5月のFBネタ
4月のコンサートから
2月~3月のFBネタ
2月のコンサートから
祐天寺から西郷山公園へ
9月-10月のコンサートから
7月のコンサート
4月のFBネタ
多摩川台公園から等々力渓谷へ
3月のFBネタ
昭和10年生まれ
DVD付きCD
2月のFBネタ
浜離宮庭園散策
1月のFBネタ
使えない腕時計
1月のコンサート
11月のFBネタ
日めくりカレンダー
10月のFBネタ
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

がんも

Author:がんも
ヨハン・シュトラウスと女の子が大好きな老人です。
歌うことが大好きです。イタリア民謡とかトスティとか。
小旅行も大好きです。新緑や残雪の山並みを見るとドキドキします。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR