2011. 08. 14  
国立西洋美術館で開催されている、大英博物館古代ギリシャ展へ行ってきました。
タイトルが「THE BODY / 究極の身体・完全なる美」となっていて、いろいろな肉体表現を観ることができます。

博物館の所蔵だけあって、美の追究というよりは、生活や慣習等、歴史的な背景について面白く解説されていたように思われます。
ただし、神様の名前だけでもゴチャゴチャになってしまうような私には、一度読んだだけでは中々理解できず、形の美しさや表現の変化を見て楽しむにとどまりました。

「円盤投げ」に代表される男性の筋肉美もさることながら、やはり女性像の身体の線の美しさに惹かれます。
また何体か登場する子供の表情も魅力的だと思ったのですが、必ずしも純粋無垢な子供ではない、という解説がついていて「ヘエー」な気持ちにさせられます

夏休みの宿題なのでしょうか、熱心にメモをとる子供達を多く見かけました。
壷等に描かれた絵の中には、明らかに性行為を表すものもあり、どんなレポートになるのかな、なんて不謹慎なことを、チラッとですが、考えちゃいました

          アフロディテ像

    IMG_0001_2_2.jpg
NEXT Entry
伊豆栄から東照宮へ
NEW Topics
2月~3月のFBネタ
2月のコンサートから
祐天寺から西郷山公園へ
9月-10月のコンサートから
7月のコンサート
4月のFBネタ
多摩川台公園から等々力渓谷へ
3月のFBネタ
昭和10年生まれ
DVD付きCD
2月のFBネタ
浜離宮庭園散策
1月のFBネタ
使えない腕時計
1月のコンサート
11月のFBネタ
日めくりカレンダー
10月のFBネタ
友人の孫自慢
7-9月のFBネタ
Comment
面白そう。行ってみたいなあ!
去年、子供達と、池袋のエジプト展を見たら、土器をみて「パンだ!食べたい〜」と騒いだのを思い出してしまいました(笑)
もう少ししたら、またゆっくり見に行きたいです。
No title
勉強するのも良し、楽しむだけでも良し、お薦めです。
大英博物館規定の環境値に基づいているため、寒いくらい涼しいです。
猛暑の中、行かれるのも悪くないかもですよ。
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

がんも

Author:がんも
ヨハン・シュトラウスと女の子が大好きな老人です。
歌うことが大好きです。イタリア民謡とかトスティとか。
小旅行も大好きです。新緑や残雪の山並みを見るとドキドキします。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR