2011. 09. 19  
初めて自分名義の車を持ったのは昭和36年、ちょうどそれから半世紀になります。
日野自動車に勤めていた知り合いに勧められて、発売されたばかりの日野コンテッサという車でした。
もちろん月給1万5千円の若者にそんな力はなく、頭金を親に出してもらっての話です。

それまでは、1937年型のダットサンを義兄が持っていて、休日にはそれを借りてドライブしていました。
なにしろ古い車で、故障ばかりしていましたが、おかしいのはアクセルとブレーキの位置が反対だったことで、コンテッサに乗り換えたとき、ちょっととまどう感じがありました。
そのコンテッサは、リヤーエンジンリヤードライブ、900CC の小型ながら、中々軽快で運転しやすく、のちに1300CCにパワーアップされ、生産が終了するまで、約8年間、4代目まで乗継ぎました。

現在はごく普通のフィールダー、6年目になります。
走行距離がなんと5千6百キロ、しかも3千キロ位は最初の1年間の内だったので、以降年間5百キロも走っていないことになります。
いまではほこりをかぶったまま、ひと月に一度走るかどうか、ガソリンもいつ入れたのか覚えがありません!お蔭で品薄や価格急騰騒動のニュースとは全く関係がありませんでした。
困るのはバッテリーあがり、よく JAF のお世話になっています。

そんなクルマ、売ってしまえばいいのに、と、よく言われますが、なぜかすぐに乗れるクルマがそばにないと不安なのです。

    1937年型ダットサン
    昭和31年、高田馬場付近にて
    空気圧不足ですね!!
    1937形2

NEXT Entry
ラーメン
NEW Topics
4~5月のFBネタ
4月のコンサートから
2月~3月のFBネタ
2月のコンサートから
祐天寺から西郷山公園へ
9月-10月のコンサートから
7月のコンサート
4月のFBネタ
多摩川台公園から等々力渓谷へ
3月のFBネタ
昭和10年生まれ
DVD付きCD
2月のFBネタ
浜離宮庭園散策
1月のFBネタ
使えない腕時計
1月のコンサート
11月のFBネタ
日めくりカレンダー
10月のFBネタ
Comment
No title
ナンバープレート、デカ過ぎ!
No title
そう言われてみれば、数字も今よりデカイですね!
でも、横一列というのもかっこういいですよね。
二人乗り?
これは二人乗りなの?私もこの頃の車に乗ってみたかったな〜。。背景の高田馬場の風景にもビックリ!時代を感じます。
No title
すごくカッコいい!!
当時の一般車は、こういったデザインだったのですか?
今売り出せば、絶対に売れると思います。
のび様
一応4人乗りでした。でもいまの軽よりずっと狭いので、男が4人乗るとギュウギュウ詰めでしたよ。
場所は馬場駅から小滝橋の方へ下って行った辺りだったと思います。
坊ちゃん様
言われてみれば確かにいい形ですね。
ウインカーは点滅ではなく、方向指示の矢印が飛び出すタイプでした。
エンジンの始動は押しボタン式、これって今の最新型と同じですね。
伊勢丹前の交差点で止まっていたら「旧いなあ」という声が聞こえました。当時、すでに戦前の自動車はほとんど走っていませんでしたからね!
格好いい!
でも、矢印が飛び出すって…。
見てみたかったなあ。
飛び出す!
矢印が赤く点灯するので、対向車からは見やすいのですが、後続車からは全く見えません。今だったら危なくてしょうがないでしょうね。
でも、たしかにちょっと格好いいです!!
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

がんも

Author:がんも
ヨハン・シュトラウスと女の子が大好きな老人です。
歌うことが大好きです。イタリア民謡とかトスティとか。
小旅行も大好きです。新緑や残雪の山並みを見るとドキドキします。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR