2011. 12. 31  
2011年、年末恒例の第九は、すみだトリフォニーホールで新日本フィルハーモニー交響楽団を聴いた。

指揮はニコライ・アレクセーエフ、始めて聴いたが新日フィルとは馴染みの指揮者らしい。
最近の若手に見られるような派手なパフォーマンスもなく、キッチリとテンポを守って安定しきった演奏だった。

合唱は栗友会合唱団、栗山文昭門下のアマチュア合唱団の集合体である。
アマチュアといえども明らかにプロを凌駕する実力をもち、その声色、特に女声はダントツの美しさだと思う。
第九には音大の学生が使われることが多いが、こちらはもちろんしっかりとした基礎の上に立つ、安定した音程と、若さ溢れるパワーは申し分ないが、全員が同じ年代のためか、どうしても音色が機械的で硬いのである。
その点、栗友会は、特に高い音域をピアニッシモでのばす難しい部分でも、全くノイズの混じらない透明な音色で、本当にホレボレとさせられる。

第九を聴いていて、いつも気になるのは、ドイツ語の er の発音だ。
合唱の最初に出てくる Dine zauber binden wieder を「ダイネ ツァウベル ビンデン ヴィーデル」と、巻舌にするか「ダイネ ツァウバー ビンデン ヴィーダー」とするか、曖昧なのである。
今回はソリストを含めて、完璧に「 アー」に統一されていたのは気持ちが良かった。

これまで私は何十回と第九を歌ってきたが、この点ではっきりとした指導を受けたことがない。
どちらが正しいということはないらしいのだが、一堂に会する以上は統一した方がいいに決まっている。

      季節の花 再びランタナ
      6月のランタナは 黄色 橙色 桃色等の色で
      咲いていたが その後咲き続け 今になって
      も 今度は鮮やかな紅色の花をつけている
      赤いランタナ

NEXT Entry
巣鴨地蔵通り
NEW Topics
2月~3月のFBネタ
2月のコンサートから
祐天寺から西郷山公園へ
9月-10月のコンサートから
7月のコンサート
4月のFBネタ
多摩川台公園から等々力渓谷へ
3月のFBネタ
昭和10年生まれ
DVD付きCD
2月のFBネタ
浜離宮庭園散策
1月のFBネタ
使えない腕時計
1月のコンサート
11月のFBネタ
日めくりカレンダー
10月のFBネタ
友人の孫自慢
7-9月のFBネタ
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

がんも

Author:がんも
ヨハン・シュトラウスと女の子が大好きな老人です。
歌うことが大好きです。イタリア民謡とかトスティとか。
小旅行も大好きです。新緑や残雪の山並みを見るとドキドキします。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR