2012. 05. 01  
横浜そごう美術館で
「宮沢賢治・詩と絵の宇宙〜雨ニモマケズ」
と題された展覧会を観た。

賢治の詩歌や童話に触発された芸術家達が、夫々思い思いに描いた作品が数多く展示されていた。
メルヘンの世界はもちろん、荒々しいもの、美しいもの、優しいもの等々、捉え方は様々だ。

宮沢賢治の作品は、題名はよく知っているし、なぜか粗筋も分っているものが多いが、残念ながら、通して読んだことがない。今回の展覧会、あらためてじっくり読んでみたいと思わせるものだった。

没後発見されたという手帳に残された「雨ニモマケズ」という詩が、いろいろなカタチで出ていたが、この最後の四行

      ホメラレモセズ
      クニモサレズ
         サ(ソ)ウイフモノニ
         ワタシハナリタイ

の部分は、共感、というか、とにかく好きな一節だ。

    賢治マケズ_convert_20120501223643

NEXT Entry
哲学堂
NEW Topics
6月のコンサートから
4~5月のFBネタ
4月のコンサートから
2月~3月のFBネタ
2月のコンサートから
祐天寺から西郷山公園へ
9月-10月のコンサートから
7月のコンサート
4月のFBネタ
多摩川台公園から等々力渓谷へ
3月のFBネタ
昭和10年生まれ
DVD付きCD
2月のFBネタ
浜離宮庭園散策
1月のFBネタ
使えない腕時計
1月のコンサート
11月のFBネタ
日めくりカレンダー
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

がんも

Author:がんも
ヨハン・シュトラウスと女の子が大好きな老人です。
歌うことが大好きです。イタリア民謡とかトスティとか。
小旅行も大好きです。新緑や残雪の山並みを見るとドキドキします。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR