2013. 05. 01  
西武池袋線、江古田駅と東長崎駅のちょうど中間にある「新京」という店。
近頃の若い料理人は絶対に作らないであろうラーメンである。

麺はうれしい中細、スープは透明系、のっているのは焼豚、メンマ、なると、ほうれん草、これ以上は考えられない「ザ・らーめん」だ。
どんぶりもいい。
これで300円は、いまどき驚きだ。

味は、この見た目の通りのもので、ありがたみを感じる!

家の近くにある飲食店には、意外に入らないものだが、我が家の近くには昔々からやっている中華の店が結構あるので、時間をかけて探訪してみようという気になった。

      「新京」 練馬区旭丘1−5−6 (不定休)

     新京のれん_2_convert

     新京ラーメン_convert


2012. 10. 28  
今年も好天に恵まれた区民祭り。

恒例のサンバパレードは、露出控えめで地味系な感じ。
でも、笑顔のカメラ目線は相変らずグッドだ(⌒o⌒)。

      DSC02625_convert_20121028124333.jpg

   DSC02628_convert_20121028124910.jpg

      DSC02634_convert_20121028125504.jpg

      DSC02655_convert_20121028125806.jpg

      DSC02654_convert_20121028130229.jpg

   DSC02649_convert_20121028130503.jpg

   DSC02657_convert_20121028130722.jpg

      リズム隊は、切れ味鋭く絶好調
      DSC02640_convert_20121028131204.jpg

      DSC02672_convert_20121028131530.jpg

      DSC02669_convert_20121028131810.jpg

   プリマのごあいさつで終了
   DSC02686_convert_20121028132214.jpg

      おつかれさま
      DSC02687_convert_20121028132623.jpg

   DSC02689_convert_20121028133223.jpg




      








      




2012. 05. 23  
23区内にあるJRの駅で、利用したことがない所がいくつかありますが、以前から気になっていた「尾久」という駅へ、ブラリと行ってみました。
池袋から4駅160円、意外と近いです。

     駅名表示conv

オグと読むのかと思ったらオクなんですね。アナウンスも「オクゥオクゥ」と「オ」にアクセントをつけてトリの鳴声みたいです。

     ホームからの眺め、絶景です!
     操車場_conv

     日暮里までナゼか130円、特別扱いです
     運賃_conv

駅を出ると目の前に明治通り、でも車は多くありません。池袋新宿界隈とは大違い、信号無視横断楽々可能です!!
町名は「北区昭和町」通りを渡ると「荒川区西尾久」ニシオグと読みます。東尾久もありますが、尾久という町名はありません。

     駅前広場? 23区的じゃありません。
     駅前_conv

     駐輪場の屋上に置かれた列車のモニュメント
     物置かもしれません
     EL置物_conv

都電が近いと聞いたので歩いてみました。
特に見るべきものもなく人通りも車も少ない道をのんびりと15分ほど、荒川遊園駅に到着。

この辺り線路の両側はバラがいっぱい、素敵な沿線になっています。

     都電1_conv
     都電2_conv
     バラ桃_conv

     チョッと残念!
     残念_conv

     バラ赤_conv









     
2012. 05. 09  
渋谷東急デパートで「鉃道フェスティバル」という、名前の割には小規模な催しがありました。
そこに展示されていた渋谷駅周辺のジオラマです。
すごくリアルで綺麗に出来ていました。

     渋谷駅

この景色は間もなく見られなくなるとのこと。
東横線ホームのカマボコ屋根は取り壊されて埼京線のホームになり、高層ビルの下に入ってしまうそうです。

渋谷の再々開発は永久に続きそうです(◎◎)。
2012. 05. 05  
我が家から自転車で15分ほどのところ、中野区と新宿区をまたいで哲学堂公園がある。
大きな公園ではないが、照明付きの野球場、テニスコート等があり、桜、梅、つつじ等、季節の花も多い。
また、名前の由来となった、いかにも哲学的な一角は、都の指定名勝になっている。

    公開中

ということなので、中を散策してみることにした。

  哲理門

まず、哲理門というなにやら妖しげな門から入ると、まず目につくのが六賢台という建物。
    
    六賢台

入口でニャンコが気持ち良さそうに居眠りしていたので、中に入るのは遠慮した。
    
    ニャンコ六賢台

その奥の四聖堂の中には、釈迦涅槃像が安置されている。

  涅槃像

例年、見事に咲きそろうつつじだが、今年はなんとなく冴えない。

  つつじピンク                        つつじ赤

すぐ脇を流れる妙正寺川。洪水対策でちょっと味気ないが水はきれいだ。

    妙正寺川2


    
    








プロフィール

がんも

Author:がんも
ヨハン・シュトラウスと女の子が大好きな老人です。
歌うことが大好きです。イタリア民謡とかトスティとか。
小旅行も大好きです。新緑や残雪の山並みを見るとドキドキします。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR