2011. 06. 10  
アツ、サム、デカ、チッチャ、カラ、アマ等々、最近は形容詞の必需品である末尾の “い” を抜いてしまうのが普通になってきた。
ヤバ、セコというような、若者的現代語にも適用されている。
ちょっと乱暴な気もするが、実に簡単明瞭、我々年寄りには使えないが、状況を表すには上手い方法だと思われることが多い。

同じ “い” がつくものに「ナウい」というのがある(あった!)。このことばを使うとナゼか「古い」と言って笑われるが、この “い” を抜くとどうなるか。
「ナウ」とは、つぶやき語で「いま・・・している」という表現になり「ナウい」とは全然違う意味になってしまう。

可哀想に「ナウい」は今や “い抜き” も許されないほどの死語になってしまったのです!!
プロフィール

がんも

Author:がんも
ヨハン・シュトラウスと女の子が大好きな老人です。
歌うことが大好きです。イタリア民謡とかトスティとか。
小旅行も大好きです。新緑や残雪の山並みを見るとドキドキします。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR