2017. 01. 28  
マーラー「一千人の交響曲」
パーヴォ・ヤルヴィ指揮NHK交響楽団
栗友会合唱団、新国立劇場合唱団、NHK東京児童合唱団
エリン・ウォール(ソプラノ)他ソリスト7人
9月8日 NHKホール

ダブル編成に近いオーケストラ、8人の独唱者、三組の大合唱団、総勢500人規模の大所帯、これを一人で仕切るヤルヴィさん、さぞやたいへんだろう、というよりさぞいい気分だろうと思われる。
オケの壮麗な響きと合唱の美しいアンサンブルと迫力は、現在得られる最高レベルのものに間違いない。大きな音量は出ても、ゴチャゴチャになって何をやっているのかよく分からないという演奏が多い中で、どこまでいってもふっくらとした透明感が失われないのは、オケや合唱の技量もさることながら、ヤルヴィの統率力が並大抵のものではないということを感じさせるものだった。
独唱は初めて聞く人ばかりだったが、いずれも力強く安定感のある歌唱を聞かせてくれた。
歌い慣れているのか、この長大な曲を、譜面台を下げてホボ暗譜で歌っている人もいた。
N響の90周年記念公演ということで、通常の定期演奏会と異なり、1回だけの公演なのは、何だかもったいない気がした。
余談になるが、今回の演奏会では隣席に盲導犬を伴った人がいてちょっと驚いた。
私が座るとすぐに話しかけてきて、バンダや児童合唱の位置とか山田和樹のマーラーツィクルスについて、みたいな話題を投げかけてきた。
隣がどんな人物なのか確認したかったのだろう。
何より驚いたのは犬だ。座席は1階ホボ中央の前から5列目、大音響がまともに飛んでくる。犬の聴覚は人間の何倍も高いというのに、私の足に触れていたお尻が、1時間半、ほとんど動くことがなかった。
終演後、何事もなかったように穏やかな顔で主人をエスコートして帰って行った。
音楽で感動、犬で感動、何とも不思議な体験だった!


ドボルジャーク「スターバト・マーテル」
ハルムート・ヘンヒェン指揮 新日本フィルハーモニー交響楽団
松田奈緒美(ソプラノ) 池田香織(アルト)
松原 友(テノール) 久保和範(バス)
栗友会合唱団
10月21日 すみだトリフォニーホール

宗教に関してはあまり熱心とは言えないが、このスターバト・マーテルは実に美しく大好きな宗教曲のひとつだ。
アンダンテコンモートと指定された曲の冒頭はかなり遅めに始まった。2分の3拍子で書かれているためか、指揮者によってこの入り方はかなり違った印象を受ける。
第6曲に置かれたテノールのソロは、甘美とさえ思えるほど美しいが、ここでは逆にやや早めのテンポで軽やかな感じ、好みとしてはもう少しゆったりと粘ってほしかった。
4人のソリストはいずれも中堅どころで力量としては申し分なかったが、歌い慣れていないのかかなり硬さが感じられた。
合唱は、歌い慣れている訳はないと思うが、いつもの通り適度な力強さでキッチリとした美しいアンサンブルを聴かせてくれた。
それにしてもこの栗友会という合唱団は凄まじい、とてもアマチュアとは思えない活躍だ。
2016年内に私が聴いただけでも、新日フィルと1月にブリテンの「戦争レクイエム」4月にラベルの「ダフニスとクロエ」、新響と4月にマーラーの「復活」、5月には三善 晃の「レクイエム」、7月には新日フィルと単独で「千人の交響曲」そしてこの9月と10月だ。
更に「第九」も数回歌っていた。
スゴイ!!
マーラー千人_convertドボスタ_convert

2016. 08. 19  
女声合唱コンサートTrois Beaux Bouquets
29日(金)第一生命ホール

フランス語は辞書の引き方もよくわからないが、「三つの美しい花束」と解釈しておく。
その解釈にたがわず、女声合唱3団体による、きわめて上質な美しいコンサートだった。
赤坂有紀指揮;翠声会Ⅱ組(埼玉県志木市)、横山琢哉指揮;木声会(仙台市)という栗山文昭氏所縁の2団体と、東京の「彩」(栗山文昭指揮)のジョイントコンサートで、透明でノイズ感のない響きと、揺れの少ない安定感は共通している。
これは、よく行われる機械的な発声練習からは得られないもので、何か音楽的な心が培われる訓練がなされているのではないかと思われる。
それぞれにご贔屓の作曲家がいて、委嘱作品が多いことからも、演奏技術の高さがうかがえるが、今回は信長貴富、吉川和夫、池辺晋一朗が選ばれていて、似たもの合唱団とはいえ曲想の違いを見事に描きだしていたので、文句なしに楽しめた。
締めは三者合同演奏、栗山氏の指揮で超人気曲の「水のいのち」、女声合唱で聴くのは初めてだった。なんと清涼な流れなのだろう、まろやかな起伏を伴って柔らかに、下流に行くほど綺麗になってしまう、芥なんか微塵もない水のいのちだ。
合同での練習はほとんどできなかったと思うが、全く違和感がなかったのはさすがだった。
この曲に関しては、男声の、壮大で起伏の大きな演奏に魅力を感じていたが、これだけ美しいと女声も悪くない、と思わされた演奏だった。

三団体コンconvert


2016. 06. 27  
4月4日
歌仲間の歓送会ということで、まずまずの花曇りの中、九段へお花見に行ってきました。
早めのスタートだったので大混雑に巻き込まれることもなく、総勢16名、きれいな北の丸公園の散策とおいしいランチを堪能しました。

DSC02177+(1)_convert_20160623224715.jpg

DSC02164+(1)_convert_20160627222739.jpgDSC02188+(2)_convert_20160627223024.jpg

DSC02189+(1)_convert_20160627215704.jpgDSC02197+(1)_convert_20160627220354.jpg
TK 少し寒かったようですが、皆さん楽しそうで良かったですね🎵
何もなければ参加したかったな✨
 わりとゆったりした散策でしたが、北の丸公園を出てきたときには、交通規制がかかるほどごった返していましたよ。ランチのお店も貸切で、こちらもゆっくり楽しむことができました。

4月9日
豊島区立目白の森、豊島区には児童遊園ではない、こういった大人が楽しめるミニ公園が点在しています。植物が多く、季節ごとに雰囲気が変わり、結構な癒しの空間になっています。
DSC02216+(1)_convert_20160622203644.jpg

DSC02209+(1)_convert_20160622204446.jpgDSC02211+(1)_convert_20160622204858.jpg

DSC02213+(1)_convert_20160622205123.jpg

4月16日
運転免許更新ための高齢者講習を受けてきました。
早いもので、後期高齢者になって3度目になります。今回は9人のグループでしたが、女性が5人でした。
やはり平均寿命と関係がありそうです!
それにしても、ホントに免許もってんのかい、と言いたくなるような人もいて、こわくなりました。
高齢者成績_convert
KI Ganmoさんはしっかりされているので、まだまだいけますね。(^_−)−☆
 でも、90点というのが気にいりませんね、いよいよ今度で卒業かな(^O^)。この教習所で過去一人、百点とった女性がいたとか。
KH Gさん、3回目なのですね。凄いです。
私は、横断歩道で全く右側見てなかったというおばさんドライバーに足をひかれて、今も不自由中です。。(>_<)
 わーっ、こわいですねぇ! 注意散漫とか思い込みとか、年齢とともに重症化してくるようですね。 そうならないように気をつけます(^O^)。

4月18日
お洒落な音楽を聴きながらのんびりとした横浜港クルージングを楽しんできました。

DSC02249+(1)_convert_20160703200118.jpg

DSC02255+(1)_convert_20160703200334.jpg

DSC_0157+(1)_convert_20160703201002.jpgDSC02246+(1)_convert_20160703201129.jpg



















2016. 06. 16  
今回の散策ルポは、多摩川台公園から等々力渓谷まで。
6月の雨上がりとあって、絶好のあじさい日和だった。
東急線多摩川駅を降りると多摩川台公園は目の前だ。小高い丘になっていて、色とりどりのあじさいが迎えてくれる。絵画サークルと思しき十数人の人たちが、あちこちで絵筆をとっていて、お互いに褒め合っている姿が微笑ましかった。
DSC02411+(1)_convert_20160616225733.jpg

DSC02435_convert_20160616230247.jpgDSC02441_convert_20160616230509.jpg

DSC02438+(1)_convert_20160616235454.jpgDSC02448+(1)_convert_20160616235737.jpg

更に進むと洒落た西洋庭園のような小さな水生植物園があるが、見ごろはこれからのようで、この時期あまり花は咲いていなかった。
DSC02446_convert_20160617175249.jpgDSC02444+(1)_convert_20160617175806.jpg

この公園の丘一帯は、多摩川台古墳群とも呼ばれ、大きな亀甲山古墳をはじめ十基の古墳が連なっている。昨秋訪れた行田市のように、周辺から頂上まできれいに整備されていて、その姿形がよく分かるというものではなく、ほぼ自然のままに樹木が生い茂っているので、起伏は分かるが、前方後円墳の形はよくわからない。
管理事務所には、古墳の展示資料室があり、小規模ながら出土品や歴史について分かり易く解説されている。
DSC02368+(1)_convert_20160618081457.jpg
亀甲山古墳から多摩川を俯瞰
DSC02365+(1)_convert_20160618082656.jpg

DSC02450+(1)_convert_20160618161941.jpgDSC02452+(1)_convert_20160618162537.jpg

DSC02371+(1)_convert_20160618162813.jpg


ここから等々力渓谷までは、丸子川沿いをひたすら歩く。特に何かがあるという道ではないが、対岸の瀟洒な住宅群を眺めながら歩くのも悪くない。
丸子川は、一時期どぶ川と化していたが、かなり改善されて、今は水草も生え、大きな鯉が泳ぐ姿も見られる。カモが浮かんでいたりもするが、田園調布を流れる小川としては、もう一歩、という感じだ。

DSC02414_convert_20160618105813.jpg

DSC02415+(1)_convert_20160618110312.jpgDSC02409+(1)_convert_20160618111027.jpg

キョロキョロ、のんびり歩いて1時間ほど、等々力渓谷の下流側の入口に到着する。
ここには関東三十六不動霊場のひとつ、等々力不動尊がある。
いまは鬱蒼とした緑に囲まれているが、桜の季節は素晴らしい景色が楽しめそうだ。
DSC02459+(1)_convert_20160618151812.jpgDSC02457+(1)_convert_20160618152213.jpg

DSC02421+(1)_convert_20160618152707.jpg
何だか薄暗くて怖いが、ご利益がありそうな弁天堂。パワースポットとして評判だとか。

等々力渓谷はごく小規模ながら23区内とは思えない深山幽谷感がある。
遊歩道が整備され過ぎている気もするが、渓谷らしくあちこちに湧き水が染み出している。
上流側の出口の階段を上がると、そこは喧噪とした街の中、我に返る感じだ。
DSC02419+(1)_convert_20160618154547.jpg

DSC02431+(1)_convert_20160618154758.jpgDSC02433+(1)_convert_20160618155412.jpg

DSC02426_convert_20160618155625.jpg

今回はここをゴールとしたが、さらに九品仏から自由が丘まで足を延ばすのもいい。

2016. 06. 09  
9日
昨日までの暖かさに比べてきょうはドンとさがっちゃいましたね。
いささか落差が激しすぎますが、この上下に春を感じます(^o^)。
きのう、板橋区と練馬区の区境を散策していて目についた白もくれんの大木と早咲きの桜です。

DSC01923+(1)_convert_20160609225350.jpg

DSC01917+(1)_convert_20160610182915.jpg

14日
昨日は我が家の金婚式、と言っても盛大にパーティーを、なんていうことはなく、家族で近所の和食やさんでランチでした。

110+(1)_convert_20160610183210.jpg

TK おめでとうございます🎵(^-^)/
 ありがとうございます♪)^o^(♪。
YM おめでとうございます。
 ありがとうございます、早いもんですね(◎_◎)。
KF おめでとうございます♪
 ありがとうございます。結婚記念日なんて数年前まで全然忘れていたんですけどね。気が付いたら50年でしたw。
KS おめでとうございます🎉お孫さんの素敵な笑顔も中澤さんが歴史を紡いでこられたからこそですね
 ありがとうございます(^o^)歴史なんてとんでもない!知的成長も精神的な成長も、世間様よりかなり遅れている感じがしますよ(・・;)。
KS 遅れているのではなく、今も若々しいということです
 オーッ!そういう考えもありかな、なんて(笑)。
KH おめでとうございます(^^).和みます💕
 ありがとうございます(--)。残り少ない人生なので、とにかく楽しくいきたいと思います。
KH 残りはたっぷりまだまだ!また一緒に楽しい時間を♪
KY おめでとうございます!(鹿児島から)(笑✨🎵😊💐
 ありがとうございます。 鹿児島!!成果報告、期待していますね(^^)。





プロフィール

がんも

Author:がんも
ヨハン・シュトラウスと女の子が大好きな老人です。
歌うことが大好きです。イタリア民謡とかトスティとか。
小旅行も大好きです。新緑や残雪の山並みを見るとドキドキします。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR